特級技能検定 保全以外の試験勉強

 

☆自分と相性の良い、これは!と思うテキストを一通り読む。

  オフィス浅野の「技能検定のツボ」のテキストは、過去に出題された問題のキーワードを

  ピックアップして編集しています。

 

☆時間の余裕があり、頭がクリアな状態のときに、過去に出題された問題にチャレンジする。(特に実技は)

  ・実技では問題の正解を見て、解答方法がすぐ分かるものは少ないはずである。

    正解を暗記する方法は、問題を少しアレンジされたら応用が利かないのでお勧めしません。

    →解き方を覚えることが重要!

     「特級技能士のための管理・監督の知識」の該当ページをくまなく読み、検討する。

     オフィス浅野の過去問解説を読む。 

  ・スキマ時間を見つけて、用語の定義などを覚える。

   「技能検定のツボ」の用語集は、主に学科の共通科目(問題1~32)の問題を解くときの参考用です。

  ・実技で計算を要する問題は、基本的に中学校で習った数学で解けます

    中学校で習った数学で解答するために、解き方を見つけるのが大事です。

 

☆令和元年度の問題に対するコメント

  学科:共通科目(問題1~32)は例年通りの出題

     問題15~17の品質管理の問題は手ごわい。

  実技:問題1では珍しく、PERT手法が出題されなかった。

       今年の設問2と設問3が珍しい出題。

     問題2は中学校で習った数学で解けるが、出題者の設定が少しこったものであり、難度を上げている。

     問題3は見た目ほど難しくない。

     問題4は意外と難しい。

     問題6と7は頭の中の整理が大変。

 

★参考 その1

     「特級 機械保全の勉強」の項に書きましたが、機械保全は2月早々に指定試験機関のホームページに

     試験問題と正解が公開されます。

     機械保全の問題も、機械保全以外の職種と類似の問題が出題されることが多いです。

     機械保全の職種に出題された問題の解答にチャレンジして、腕試しするのも一つの方法です。

 

★参考 その2:

  個人的には、サブノートを作らない主義です。

   理由:(学生と違い社会人は試験勉強に割ける時間が少ないので)サブノートを作る時間がもったいない。

   対処:テキストに色々書き込む。

 

★特級技能検定に合格するためには、共通科目の問題でしっかり得点することがカギです。

  共通科目の問題数の割合:

   学科は問題数の64%、実技は問題数の78%です。 

 

 このホームページの「ホームの技能検定のツボの編集方針」をご覧ください。

      

特級技能検定 保全以外の受験

 

☆試験日の前夜は、しっかり睡眠時間を確保する。

  睡眠時間を削って受験勉強しても、試験本番のときに頭が冴えていなければ逆効果。

  試験会場が自宅から遠方の人は、できれば前日は試験会場に比較的近い所のビジネスホテルなどに

  宿泊することをお勧めします。

 

☆問題を一問目から解こうと思わずに、学科・実技とも、最初から最後まで一読する。

  どんな問題が出題されているかのチェックなので、そんなに時間はからない。

  その後で、試験の時間配分を考えて解答に着手する問題の順番を考える。

   ※実技は問題が9問あります。度の問題から着手するかが非常に重要です。

    解けそうにない難しい問題に取り組んで、解答が進まないとあせってしまい、あとあとに影響します。

 

☆学科試験は50問の問題を2時間、実技試験の問題の9問を3時間かけて解答します。

  受験したことがある人なら分かると思いますが、残り時間が少なくなってくると、

  頭が疲れているし、問題も中々解けないという、悪循環におちいります。

  ⇒前の項に書いたように、試験の時間配分を考えて省エネで問題を解答することが大事です。

 

☆実技の計算を要する問題を解答するときの注意

  ・単位を常に意識すること

  ・回答欄に数値を記入するときの数字の丸め方

    例:小数点以下第一位を四捨五入し、整数値を回答欄に記入すること

      ⇒計算式が○*□*△だったとすると、○ □ △をそれぞれ計算する段階で

       小数点第一位を四捨五入すると、誤答になる可能性があります。

        ○□△を掛けた数値が49.5だったとすると、50が正解

        これを○□△をそれぞれ計算する段階で四捨五入すると、49.4になったとすると49

 

        計算式はあっていたかも知れませんが、正解になりません。